中性脂肪が多いと血液ドロドロ

中性脂肪が増えてしまう仕組みとは



食物から取得した脂質が使いきれなく余ったものが中性脂肪となって、蓄えられてしまうのです。

贅肉や皮下脂肪が中性脂肪というわけです。エネルギーの消費量りょい多く摂取してしまうと中性脂肪として蓄えられてしまうのです。

炭水化物はブドウ糖となってエネルギーになりますが、ブドウ糖が余ってしまうとグリコーゲンとなり中性脂肪に変化します。

タンパク質はアミノ酸に分解されてグルコースになり、肝臓で中性脂肪になります。

脂質は脂肪酸とグリセリコールに分解され吸収されるのです。グリセロールは中性脂肪となります。

これが多くなると、フォアグラのような肝臓となって、脂肪肝と呼ばれます。

そして、肝硬変や肝臓がんに行こうしてしまう可能性もあるのです。