中性脂肪が多いと血液ドロドロ

中性脂肪とはどうゆうものなのか



中性脂肪とは、糖質や炭水化物、動物性脂肪を主原料とする脂肪です。 

人間が活動するためのエネルギーとして一番に使われるブドウ糖が不足すると、この中性脂肪が分解されて血液中に取り込まれて、エネルギーとして使われるようになります。 

このようにちゃんとした役割をもつ中性脂肪ですが、血液中に含まれる量が増えてしまうと動脈硬化の原因のひとつとなってしまいます。

動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中等、重大な病気の引き金になってしまうので注意が必要です。 

中性脂肪が増えないようにするために大切なのは、普段の食生活やライフスタイルに気を配る事です。

栄養バランスを考えた食事を心掛けて、糖質や炭水化物等の多量摂取に偏った食事をしない事や、適度な運動を取り入れる事が重要です。