中性脂肪が多いと血液ドロドロ

エネルギー源ですが増えすぎると



中性脂肪は正式にはトリグリセリドと呼ばれ、人間の体を動かす役割を果たす物質です。他にも内臓を守ったり、体温を一定にしたりもします。

食後、食物から摂取された脂質は小腸で吸収されてエネルギーとして使われますが、余ると中性脂肪として体内に蓄積されます。

又、肝臓でも合成されているので炭水化物やアルコールを多く摂取すると増加します。

一般的に中性脂肪の数値が高いのは良くないとされますが、ある程度は生命維持の為に必要なので、数値が低いのも問題です。

中性脂肪が多すぎると脂質異常症となり血液中の悪玉コレステロールが増えて血管が固くなり動脈硬化が進行し、血管が細くなる事で心筋梗塞や脳卒中の発症率が高くなります。

それと中性脂肪が肝臓に蓄積されると脂肪肝になり、肝臓にリスクが生じます。しかし、運動や食事制限で比較的コントロールしやすいのも特徴です。